強調タグ

強調したい場合は<b> タクは使わない
SEO対策上は、 <strong> <em> に差はない
ページ上で強調したいキーワードに<strong> タグ、や<em> タグを使うことも有効です。 ここで判断する強調の基準とは、 ① 各々のページと関連性があり、 ②検索でヒットさせたいキーワー ドということになります。例えばメガネ商品のページであれば 「メガネ」を強調します。なお、これらタグを利用する目的は、ペ ージ上で相対ー的に重要なキーワードを検索エンジンに明示するこ とです。当該ページに出現するすべてのターゲットキーワードを 囲む必要はありません。 目安として 1ページあたり 2~3個で十分で す。 また、ページ上に出現するありとあらゆる種類の単語を強調すると、強調の意味がなくなりますし、過度の多様は故意にラ ンキングをあげようとする行為として検索エンジンスパム と判定される場合もあります。
最後に、論理構造上の強調を示すことが望ましいため、ボール ド < b> でなく<strong> か、<em> を利用しましょう 。<strong> と <em> のSEO 上の効果に違いはありません。