順位に影響する2つの指標を理解する

まず最初に、 lP 数ドメイン数それぞれの数値の意味を理解しておき ましょう。 lP 数とは、リンク元のサイトが利用しているサーバーの数です。サテ ライトサイトを作成する際に lP 分散をします。この IP 分散が、ライバルサイトでどのくらい達成できているかチェックできます。 「ドメイン数」とは、リンクを送っているサイトの総数から重復するドメ インを除いたもので、リンクを送っているサイトの数となります。これも、 サテライトサイトを作成する際に解説した「ドメインの分散」の概念そのも のです。この2つの指標はすべて、検索結果の表示順位に影響を与えています。 どちらの指標も、数値が大きいほど検索結果への影響力が増します。

検索クエリの活用

検索クエリを利用すれば、 ユーザーが検索するキーワードの傾向がわかるので、どのようなニーズを持ってユ ーザーが検索しているのかを理解するためのヒントとなる。自社サイトの表示回数が多いキーワードなどは、コンテンツ内にさらに積極的に含めることをおすすめしたい。 Google search consoleで検索クエリとして表示されるキーワードは、検索によ って自社サイト の表示に成功したキ ワードであるため、自社サイトが 検索エンジンからそのキーワードに関して一定の評価をされているということになる。ただし、 検索クエリとして表示されるキーワードと自社サイトで設定しているキーワードに大きなズレがあ った場合は検索エンジンからの Webサイトの評価もずれているということになる。そのような場合は、コンテンツを改善する必要があるものと認識したい。

ディレクトリ登録のメリット

ディレクトリ型検索エンジンとは、人の手によって力テゴリ別にサイトが 分類される検索エンジンで、かつてはカテゴリごとにサイトを探すユーザも 少なくなかったため、 SEM (検索エンジンを広告媒体として利用する手法) の手法の1つとして重要視されていたのだが現在ではSEOの手法の1つとして 補助的な役割を担っている。 ディレクトリ型検索エンジンに掲載されるためにはサイトの申請が必要だ。また、このディレクトリ登録には種類によっては審査料が必要となる。なぜ審査料のためだけにお金を払ってまでディレクトリ登録をする必要があるのだろうか。その理由はそれだけ検索エンジンの評価を受けいれるからだ。ディレクトリ登録をしてサイトが掲載されるということは、そのディレクトリ型検索エンジンからリンクが張られるということを意味する。このことにより掲載されたサイトは様々な効果が得られる。 ディレクトリ登録をすることで、そのサイトはリンクポピュラリティとリンクレピュテーションの効果を高められるというわけです。 お金はかかってしまうが、確実に検索エンジンに評価を受けられる 1つの 方法としてディレクトリ登録をしておくことをおすすめします。

サイトマップ

ふつう、 Web サイトにはたくさんのページがある。とくに企業サイトや メディアサイトになるとその数は万、 10 万単位になる。これらのページを検察エンジンのクローラーに見てもらい、検索結果に表示させたい。 そのためには検索エンジンにサイトの構造を理解してもらったうえで、 どのページが重要であるかを知ってもらう必要がある。 サイトマップの設置は、サイトの構造を検索エンジンに理解してもらうのに効果的だ。サイトマップから2クリック程度で、サイトで見てほしいすべてのページへたどれるようにするとよい。サイトマップの対象に するのは、メインのコンテンツに絞るとよい。ただ、サイトマップはユー ザーにも利便性のあるものにしておきたい。

ビックキーワード

どうしてもビックキーワードで上位表示したいのですが、どういった対策を行えば良いでしょう。
SEOが広く認知されるようになり久しい今、ビッグキーワードの検索上位は、潤沢な資金でSEO対策を行ってきた大手サイトの寡占状態です。これらのサイトの順位は根が生えたように不動で、もはやにわかSEOではいくら資金を使っても厳しいところでしょう 。 ただし、ビッグキーワードをベースにした複数キーワードでSEOを行い、あわよくばというスタンスで挑んでみるのも悪くありません。  強力なSEO対策である、 Yahoo! カテゴリ登録まわりの対策を優先的に行ってみましょう。

サイト自体のペナルティー

これらの他にも以下のような、作成したサイト自体が「問題あり」としてペナルティーを科せられるものがあります。
ミラ一ページ
これは、コンテンツ内容がまったく同じサイトを数多くのドメインで作成する行為です。さらに悪質になると、ミラ一ページを大量に生産してミラ一ページ同士で「過剰相互リンク」するテクニック などがあり、 SEO 対策にとってはもってのほかです。
コンテンツが無いアフィリヱイトサイト
アフィリエイトリンクだけで構成されていて、コンテンツがほとんど無いサイト。これはペナルティーというほどではないものの、検索エンジンにはかなり低く見られます(携帯アフィリエイトでは「ペラサイト」や「ペラページ」など呼ばれ、こういうサイトがいまだに多くあります)。

サテライトサイトの大量生成は逆効果 !

経験値の高いアフィリエイターの中には、より広い層のアクセスを獲得するために、メインサイトを補完・補強する「サテライトサ イト」を作る人も少なくありません。メインとサテライトでリ
ンクを貼れば、理屈の上では被リンクが大量に増えるわけです。しかし問題は、サテライトサイトの「質」です。「数」だけを目的にサテライトサイトを量産して、当人同士で相互リンクの数を稼
いでも、それは単にリンクを貼り合っただけに過ぎず、価値あるリンクとはみなされないでしょう。被リンクの質はリンク元自体の「優良被リンク数」も重要な判断基準となります。しかし、一般にメインサイトには労力を割けても、サテライトサイトはそうもいかず内容の陳腐化が進み、更新頻度も遅くなってしまうものです。そうなると、サテライトサイトが被リンクを得られるだけの質を保てるかは大いに疑問です。逆にサテライトサイトに労力を割けば、今度は肝心のメインサイトの質が落ちてしまうというジレンマに陥ります。ただ近年では、メインサイトを富ませつつ、同時に大量に作ったサテライトサイトも、それなりに質を上げて収益を得ょうというアフィリエイターも少なくありません。つまり、サテライトサイトの欠点やジレンマを乗り越えようというわけです。

タイトル

ホームページをより多くの人に見てもらうために、最も簡単に行えかつ最強の効果をもたらすSEO 対策の1つはタイトルです。基本中の基本、何はおいてもこれだけは行っておくべきです。 ページタイ トルは、 HTMLファイルの<head>タグ内の<title>~</title>で、固まれ る文字列です。ページタイトルは、ブラウザのタイトルとタブに表示され、また、 「お気に入り」に登録した際のタイ トルとしても扱われます。さらに重要なことは、 Yahoo ! やGoogleの検索結果のタイトルに表示されることです。 そのページのテーマを示す最も重要な箇所であり、検索エンジンはページタイ トル のキーワードを最優先させて判断を行います。上位表示させたい最適なキーワ ードを含めることが必須となります。

キーワード帳

SEOのさまざまなテクニックを実践しても、適切なキーワードを選べていないと、すべてが無駄になります。また、 1語でSEO対策ができるわけではなく、テーマに関連したキーワード をたくさん用意することが重要です。そこでSEO対策の基本となる「キーワード帳」を作りまし ょう 。サイトのテーマに合った、 SEO対策に有効なキーワードを集めたキーワード帳があれば、その後の対策がスムーズに なります。「キーワード最適化ツール」 と AdWords キーワードツールを使ってその言葉の人気度や複合語などを調べ、 Excelなどの表計算ソフトに記録していきましょう。

SEO対策 東京

競合分析

ライバルサイトと比較して 上位表示できない原因を分析しましょう。
自分のサイトの上位表示をはばむライバルサイトを分析してみましょう。 比較することで改善点が見えてきます。
これまでSEO対策をまったく意識せずにサイトを運営してきた場合、初めて実施する SEO対策の効果はとても大きく、サイ トの 運営者にと っては大きな喜びになりますが、検索結果の順位が20 位、 10 位と上昇するうち に、「それ以上は上がりにくくなる」という壁に突き当たることも多いものです。 SEO対策が効果を表して順位が上昇しているにもかかわらず、壁にぶち当たると いう現象は、強力なライバルが立ちはだかっているケース がほとんどです。 こんな場合は、
上位表示させたいページの詳細とライバルのペ ージを比較して、上位表示に必要な要素が どれだけ違っているのかを確認してみましょう。

格安SEO対策なら東京SEOメーカー